買い物依存症や買い物中毒の克服方法とは?

自分でもわかっちゃいるけど止められない、というのが衝動買い。これを放っておくと、買い物中毒 ⇒ 買い物依存症とエスカレートする感じ?

これらをスパッと克服する方法があるなら知りたい!ですよね。

また、似ているようでちょっとニュアンスの異なる「衝動買い」「買い物中毒」「買い物依存症」の違いについても考えてみました。

まずは克服への第一歩を踏み出してみましょう!


買い物依存症と買い物中毒と衝動買いの微妙な違い

そもそも、買い物依存症の定義ってなんなのか、困ったらウィキってことでチェックしてみました。

買い物依存症(かいものいそんしょう、かいものいぞんしょう)とは精神疾患の一つであり自身にとって不必要、あるいはすでに同様の物を所持しているにもかかわらず多数の物品を購入してしまうという症状。

買い物依存症の主な原因としてはストレスが挙げられており、イライラしたり不機嫌になる毎にデパートなどに行き買い物をし、物質的に満たされるという快楽を得ることで心を癒している。

by.wikipedia

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
確かに、欲しくて欲しくて買ったのに、

  • タグがついたまま着てない服
  • 箱から出してない美容家電
  • ホコリをかぶってるトレーニングマシン
こういったものが探すといっぱい出てきますな。

タグがついたままの洋服

これって、結局は不必要なものの代表?
買っただけで満足してしまう時点で、買い物依存症を疑った方がいいのかも知れません。

けど、実母だったり、友人だったり、買ったけど使ってない経験を持つ人って、案外多いような印象です。なので依存症と呼ぶよりは、その前の段階のお買い物中毒って言った方がいいかな。

買い物依存症 > 買い物中毒 > 衝動買い

こんな図式が成り立つんじゃないかと思います。
で、その境目は、後悔するかどうか、ってところにありますね。

見てつい欲しくなってしまうのはどれも一緒ですが、うわー、なんでこんなもの買っちゃったんだろう、と後から自己嫌悪に陥って反省できるなら依存症ではありません。

衝動買い・・・必要でなかったとしても買ってしまう
買い物中毒・・・買い物自体が目的で、つい買いすぎて家計を圧迫している
買い物依存症・・・借金してでも買い物してしまい、行動をコントロールできない

自分なりにまとめると、こんな感じかな。

買い物依存症は病気

節制ができない人、お金にだらしない人、そんな風に捉えられていたこともあったようですが、今は専門外来まで存在する、れっきとした病気なんですよね。

とあるクリニックのサイトで、買い物依存症チェックがあったのでやってみました。
http://www.ohishi-clinic.or.jp/shopping_2.html

チェックボックスがあるから何か診断結果がでるかと思いきや、気になるなら相談してね、ってことでしたw が、自分がそうなのかどうか、ある程度の判断はつくと思います。

買い物依存症診断

ちなみに、私が「はい」にチェックした項目は7つ。

  1. 買い物すると気分がすっきりして、嫌なことを忘れられる
  2. 商品のすべての種類・タイプをそろえたい欲求にかられる
  3. お店の人にチヤホヤされると、特別扱いされているようで、いい気分になって買ってしまう
  4. お金の手持ちがなくても、カードや借金してまでも買ってしまう
  5. どんどん高額なものを買いたくなる
  6. 買い物をやめようとすると、イライラする
  7. 買ったもので普段使っていないと感じる物がたくさんある

まさにその通りで、なにも言うことはありませんw

いいえ」にチェックした項目が3つ。

  1. 買ったものを捨てられず、片づけられず、部屋や家の中が買ったもので溢れている
  2. 買い物したいがために、家族や友人にうそをつく
  3. 買い物をした後に、罪悪感、不安感におそわれる

1について。
案外わたしは使ってないと気づいたら捨てられるんですよね。新品で箱から出してもいないような状態であれば、ヤフオクやブックオフなどで売っちゃいます。

2について。
何も話さないだけで、ウソをつくことはありません。それならセーフですよね?

3について。
家に帰って買ったものを片付けると、買い物したことは忘れちゃいますからね(笑)

ここで、罪悪感や不安感に襲われていれば、早いうちに節制が効くようになるのかも知れません。借金が返せなくなるとか、追加で借り入れができなくなるようになるほど差し迫ってから、初めてそういった感情が湧いてきました。

買い物依存症から脱出する第一歩は現状把握!

いまの自分の経済状態がちゃんと分かっている人なら問題ないと思います。お買い物中毒化しているときって、毎月何にいくら使っているのか、クレジットカードの残債がどれだけあるのか、いっさい把握できてないんですよね。

徹底的なドンブリ勘定。反省して家計簿をつけだしても、最初の1週間だけで後は真っ白が毎年の恒例行事。

お買い物中毒な私」という映画では、友人が借金の総額を計算してくれましたが、そんなこと、なかなか友人には言えませんよね。

だったら、覚悟を決めて自分でせっせと計算するしかありません。

借金計算

銀行口座の残高、お財布の現金、クレジットカードの残債、キャッシングの残債はもちろんのこと、各会社の借入利率や毎月払ってる利息も書き出しましょう。

毎月必ず発生する固定費を一覧にすれば、その月に使える金額が分かります。

たぶん、ここで矛盾に気づきます。

その月に使える金額 < 借金返済額

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
こうなってしまっていたら、お手上げと認めた方がいいと思います。

残業をする、バイトを増やす、副業をするなどして、確実に入ってくるお金を増やすか、借金を増やさずに借金総額を減らすしかありません。

ちなみに、家の中の不要品を売ってお金に換えるのは一時しのぎにはなるものの、継続的には使えません。(とはいえ、やった方がいいに決まってますが)

利息だけ払ってる状態だと、借金を増やして返済額を減らしてるだけなのでダメ!

借入先が2件以上あって、借金総額が100万円以上あるのなら、借金総額を減らして、毎月の支払いも減らせるかどうか、ニックネームで無料診断できるのでやってみるといいですよ。

>> 街角法律相談所無料シュミレーター匿名申込

「私って、もしかしたら買い物依存症かも・・・」と自覚できたら、そこからの治りは早いと思います(*^∀^*)

まとめ

買い物依存症や買い物中毒の克服方法について、また「衝動買い」「買い物中毒」「買い物依存症」の違いについてまとめました。

自分がどこの段階なのかをまず知ることで、次にどうすればいいのかが見えてくるということもあります。

必要なものを必要なときに必要に応じて手にする、という基本に戻りたいところですね!