買い物依存症の正しい対策や対処法は?

家に帰って買い物袋を置いたとき、「なんでこんなもの買っちゃったんだろう?」と自己嫌悪に襲われることはありませんか?

金額の大小に関係なく、必要じゃないものを買ってしまうクセのある女性は、それ以上ひどくなって致命的な買い物依存症にならないよう、正しい対策を知っておきましょう。

ちょっとした工夫や対処法を使うことで、借金返済に苦しむような生活にならないで済みますよ!


買い物依存症の正しい対策や対処法は?

買い物依存症に陥り、以下のような悩みを抱えている女性は決して少なくありません。

  • 生活費まで買い物にまわしてしまって今月もピンチになっている
  • 購入した後に罪悪感や自己嫌悪にさいなまれている
  • クレジットカードのキャッシング残高が一向に減らない
  • どんどん借金が膨れ上がって自力では解決できなくなっている

一種の精神疾患なので、自分で抑えようと努力していてもやめられないことがあります。

そこで、買い物依存症で悩んでいる女性のために、正しい対策や対処の方法をまとめてみました。

アルコール依存症や薬物依存症と同じように自然と解消するのはなかなか難しいため、何から始めればよいのか詳しくみていきましょう。

なぜ買い物をしているのか理由を考える

まず最初に、自分がなぜ買い物をしているのか理由を考えなければなりません。

生きていくために食べ物や飲み物を購入するのは普通でも、下記の感情が占めているケースは少なからずあります。

  • 虚しさや悲しみを癒す
  • 怒りや恐怖を買い物にぶつけている
  • 不安感を紛らわせようとしている

過度の買い物を無意識のうちにしてしまう買い物依存症は、元々の原因を突き止めないとコントロールが難しいのです。

多くの女性が感情的な要因で買い物依存症に陥りやすくなっています。どうして良いのか分からない時は、家族や親しい友人へと相談してみることも検討してくださいね。

自分が買ったものをリストアップしてみる

買い物依存症の正しい対策 自分が買ったものをリストアップしてみる

自分が買ったものをリストアップし、何が必要で何が不要だったのか、しっかりと考えるのが大事です。

何をどれだけ購入したのかをノートやエクセルにまとめるクセをつけることで、自分が何をしているのか意識を向けることができます。

  • ○○○は絶対に必要だから購入しても問題ない
  • △△△はどちらとも言えないから極力控える
  • □□□は明らかに不要だから絶対に買わないようにする

こんな感じで対処していけば、自然と買い物に対する正しい判断ができるようになり、「不要なものを購入するのはお金のムダ!」という感覚が芽生えますよ。

クレジットカードやカードローンを解約する

手持ちの現金がないのにも関わらず買い物をしてしまう方は、スパっとクレジットカードやカードローンを解約してしまいましょう。

現在では1人1枚以上のクレジットカードを持つほど普及していて、うまく使えば以下のようなメリットがあります。

  • 通信販売やオークションサイトでの購入が楽で重宝する
  • 現金の取り扱いが減るので盗難のリスクを抑えられる
  • 手持ちがなくても後払い方式なので欲しい物が簡単に手に入る
  • ポイントが貯まって複数の商品の中から好きな物をチョイスできる
  • 使用する回数や機会が多いほど信用情報機関にデータが残って信用が増す

利便性が高い代わりにクレジットカードは金銭感覚がなくなりやすく、買い物依存症に陥る大きな原因と言っても過言ではありません。

消費者金融のカードローンに関しても、手持ちのお金や貯金がなくても利用できるため、買い物依存症の人は衝動を抑えられなくなります。

日本ではカードがなくても現金があれば難なく生活できますので、きっぱりと解約する対策がベストですよ。

日々の生活で溜まりやすいストレスを発散する

買い物依存症の正しい対策 日々の生活で溜まりやすいストレスを発散する

買い物依存症は、精神的なストレスが引き金となりやすいものです。日々の生活で溜まりやすいストレスを、うまく発散することを考えてみましょう。

精神的な負荷が少なくなれば、「衝動買いする」⇒「ストレスを発散する」⇒「購入後に自己嫌悪に陥る」⇒「さらにストレスが溜まる」という負のスパイラルから逃れられます。

「懐に余裕がなくて不相応な物は買わない!」と自分の中でルールを設けていても、一度買い物依存症になってしまうと、気持ちのセーブは想像している以上に困難です。

  • 他人が褒められるのを見てついつい自分と比較してしまう
  • 完璧主義で何事もミスなくこなさないと満足できない
  • 自分の言動が人からどのように思われているのか必要以上に気になる
  • 自分のことよりも他人のことを優先して後々に後悔する
  • 不安や悩みを誰にも相談せずに一人で抱え込むことが多い

上記に該当する方は、他の人よりもストレスが溜まりやすい傾向にあります。買い物依存症を対策するためにも、買い物以外で自分が没頭できる趣味を探してみてくださいね。

何か欲しいと思った時に一度待つ

何か欲しいと思った時、すぐに行動へと移すのではなく、一度待って頭の中で考えてみるのが買い物依存症を避けるための正しい対処法です。

  • 本当に購入すべきアイテムなのだろうか?
  • 購入した後に損をしないのか?
  • どのような使い道があるのか?

これらの点を改めて考えることにより、不要な買い物を減らせます(*^^*)

我慢できるのであれば、金額の大きな商品は2日程度待ち、その時になっても欲しい気持ちがあった場合にだけ購入すべきですね。


買い物依存症で借金返済に苦しんでいるなら街角法律相談所へ!

買い物依存症による借金で苦しんでいるのであれば、街角法律相談所への相談をおすすめします。

過払い金だけではなく、債務整理の改善方法を無料で診断してくれるサービスで、借り入れの件数や借金の総額を匿名で入力するだけなので難しくありません。

  • 家族へと知られずに解決する方法を探している
  • 自己破産以外の方法で借金を何とかしたい
  • 債務の減額方法や月々の返済額を知りたい

このような項目で気軽に相談でき、インターネットで登録や入力を行うだけでメールで返信がありますよ。

借金の悩みを一人で抱え込んでいるとストレスが溜まりやすく、最適な解決方法も見つからないケースが多いものです。街角法律相談所の匿名無料相談を上手く活用してみては?

>> 街角相談所-法律-無料シュミレーター匿名申込


まとめ

買い物依存症の正しい対策や対処法とはどんなものなのか、借金返済するときに意識しておきたいチェック項目についていくつかピックアップしてみました。

お金を使う度にこうしてチェックする習慣をつけておけば、必要のないものや似たようなものを買ってしまうクセもなくなっていきます。

普段から必要なものリストを作っておいて、そこに書かれていないものは買わない、というように決めてしまうのもいいでしょう。

お金の使い方は学校で教えてもらう項目ではなかったので、間違っている人も多いもの。自分から意識して学んで楽しく有意義に使いましょう!